top of page

第10回所員会議が行われました。

 2月14日に第10回所員会議が行われました。研究所も本年度のまとめと次年度の計画を立てるために動き始めています。

 研究所では、研究発表大会での様々な方からのご意見や日高教育局義務教育指導班高嶋主任指導主事からご助言を受け、「パフォーマンス課題」「ルーブリック」を活用した「主体的、対話的で深い学び」を実践していけるよう、研究を進めています。

 来年度は、さらに「パフォーマンス課題」「ルーブリック」といった言葉の明確化や共通認識といった部分を大切に、研究を進めていきたいと考えています。

 








研究紀要の原稿チェックを所員で確認を



閲覧数:28回0件のコメント

Comments


Post: Blog2_Post
bottom of page