top of page

【情報提供】文科省が英語教育に関するアクションプランを発表

 今年8月8日に、文部科学省は、「英語教育・日本人の対外発信力の改善に向けて」のアクションプランを発表しました。



 このアクションプランは、


 ①国際共通語としての英語によるコミュニケーション能力の育成

 ②日本の魅力や立場を対外的に発信できる人材・グローバルに活躍することを目指す層の育成

 ③世界中の文化や価値観の多様性に触れ、世界の人々と協働する力・広い視野で課題に挑戦する力の育成

※英語教育・日本人の対外発信力の改善に向けて(アクションプラン)2022年8月8日文部科学省 より抜粋・要約

 

 を目的として作成されました。


 この目的を達成するために、このプランは以下の5つの柱を立てています。


 ①学校英語教育の底上げ

 ②教員採用・研修の改善

 ③大学入試・社会との接続

 ④国際交流体験活動・文化発信の推進

 ⑤海外留学の促進


 このようなプランが出された背景や近年外国から仕事のためにやってきている人が多くなってきている日高管内の現状を考えても、グローバルな視点や多様な文化を認め合うことがこれまで以上に重要になっています。

 今回のプラン発表は、多くの人達との交流や理解を進める一つのツールとしての英語学習の重要性を考え、再確認するきっかけになると思います。


閲覧数:42回0件のコメント

Комментарии


Post: Blog2_Post
bottom of page